TOPQ&A記事広告に替え歌を利用したいのですが、気を付けるべきことはありますか?
SHARE

広告に替え歌を利用したいのですが、気を付けるべきことはありますか?

広告動画を作成して、当社のHPとSNSで流そうと思っています。その際、現在流行している曲の替え歌を作って利用したいです。何か気を付けるべき点はありますか?
メロディについての許諾を得てください。YouTubeにアップする場合、JASRAC管理楽曲であれば必要ありません。
歌詞は元の歌詞のパロディではなく、自分で1から作詞しましょう。下品な歌詞や、曲のイメージを損なう歌詞はやめましょう。

回答者
秋元 啓佑 弁護士
三和法律特許事務所

替え歌と広告動画

替え歌」は①メロディはほとんどそのままに②歌詞を変えて歌われる歌のことです。もともとあるメロディを利用して、新しい言葉を歌詞に乗せて伝えることができるので、耳に残りやすく、コマーシャルなどでよく用いられます。

替え歌の法的な問題点

替え歌は、主に著作権法上の問題が生じます。歌は①メロディ(曲)の著作権と②歌詞の著作権が組み合わさって成立する、結合著作物であるとされています。つまり、歌を利用する場合には、メロディと歌詞両方の著作権に気を付けなければならないのです。

民謡など、明らかに著作権が消滅しているものについては別として、今回の質問は流行歌の替え歌ですので、著作権が当然あるものとして考えなければなりません。

メロディについて

まずメロディについてですが、これは替え歌の特性上、そのまま使用することになりますので、使用するためには許可が必要になるのが原則です。

許可を得る方法ですが、いまの日本の流行歌の多くはJASRACが著作権を管理しており、JASRACから許諾を得る必要があります。YouTubeに替え歌を含む動画をアップロードする際には、YouTubeがJASRACと包括契約を締結していますので、個別に許諾を得る必要はありません。なお、念のため、使用しようとしている曲がJASRACの管理する曲かどうかをJASRACのサイトで確認するようにしてください。

歌詞について

次に歌詞ですが、これは完全に変えてしまった場合と、元の歌詞の特徴を残している場合とで異なります。

完全に変えてしまった場合には、元の歌詞の著作権者の許諾は必要ありません。ただし、改めて付けた歌詞が下品なものであったり、イメージとあまりにかけ離れたものであったりする場合、作曲者の名誉または声望を害するとして、著作者人格権侵害と判断され、違法な行為であるとされる可能性があります。

元の歌詞の特徴を残している場合、著作権の一つである翻案権と、著作者人格権の一つである同一性保持権の侵害になります。その場合、無断での使用は違法となり、できないことになります。

替え歌を商用利用する際に気を付けるべきこと

替え歌は非常に有効な手段であり、単純な楽しさもあることから、適法な範囲で行いたいという方も多くいるでしょう。流行歌については、以下の手順を守って行うようにしてください。

① メロディについての許諾を得ましょう。YouTubeの場合、JASRACが管理している楽曲かどうかを確認しましょう。

② 歌詞を完全に変える方が著作権法上の問題は生じません。元の歌詞の特徴を残さず、自分で作詞することが必要です。

③ 下品な替え歌、イメージを壊す替え歌はNGです。

 

まとめ

替え歌と著作権は、著作権の中でも複雑な事案になることが多い類型です。広告動画を作成された場合には、公開前に、著作権法の専門家のチェックを受けることをお勧めします。

この記事は、2024年1月11日に作成されました。

関連Q&A

AIで生成した画像をウェブサイトや製品紹介パンフで利用したいのですが、問題ありますか?
画像生成AIで生成した画像を、弊社ウェブサイトや製品紹介パンフレットで利用したいのですが、法律上問題がありますか?気を付けるべき点などあれば、教えてください。
友人の債務を当社で保証したら、他の取締役から責任追及されました。
友人から保証人になってくれと頼まれたので、他の取締役には内緒で当社が保証人になりました。しかし友人は支払いをできず、結局当社が支払いました。するとほかの取締役から「会社が支払った額をお前が払い込め。」と言われました。私は払わなければならないのでしょうか?
定期賃貸借契約をなんとか更新できないでしょうか?
賃借しているオフィスビルが定期賃貸借契約になっており、期間が終了するので退去するよう賃貸人から求められています。説明文書にも署名をしてしまっていたのですが、なんとかして退去要求を拒むことはできないでしょうか?
SNSやピッチイベントで投資を呼びかけても良いのでしょうか?
SNSやピッチイベントで自社に投資するよう呼びかけようと思うのですが、何か法的に問題があるでしょうか?
就業中に自然災害が発生した場合の従業員対応で気を付けるべきことは何ですか?
最近の日本では自然災害が多発しています。自社としても終業時間中に大規模な自然災害によって被害を受けることがあるかもしれません。自然災害によって自社が被害を受けた際に備えて、企業としてどのようなことに気を付けて対策をしておくべきでしょうか?