TOPQ&A記事業績の良い事業と悪い事業がある場合、両事業をどう進めれば良いですか?
SHARE

業績の良い事業と悪い事業がある場合、両事業をどう進めれば良いですか?

私の会社は事業Aと事業Bを行っています。事業Aの売り上げは好調なのですが、事業Bの業績が低迷し、当社はこのままでは資金が尽きてしまいます。
新会社を設立して業績の良い事業Aだけ新会社に移すなど、両事業は今後どのような方針で進めていけば良いでしょうか?
事業へのこだわりはあるかと思いますが、会社としてはとにかく利益を出す必要があります。まずは会社の財務・経営状況を客観的に把握し、事業Bの不振の原因を把握します。
事業Bを切り離して事業譲渡を進めるか、両事業のシナジーが見込める事業展開を模索するか、あるいは事業Aからの売上を原資に事業Bの再建を目指す等が考えられます。
回答者
竹村 公利 弁護士
竹村総合法律事務所

現状の把握と会社の再建

このままだと資金が尽きる状況とのことですので、会社としてはとにかく利益を出す必要があります。事業Aにしても事業Bにしても、会社として利益が上がらないと話になりませんので、まずは、不振の原因を探ります。
具体的には、財務状況の把握、事業Bの業績不振の原因や事業Aから会社としてシナジーが見出せるかどうかの確認を行います。
また、必要に応じて、資金調達の観点から、大口の債権者の意向も確認する必要があります。

方向の確認と法的な問題

会社の再建方法には、事業の内容、経営の意向によって、様々な方策と方向がありえます。

例えば、不採算部門である事業Bを分離して同業の他社へ譲渡することを考えた場合、事業譲渡をする、新しく会社を設立して新設会社ごと譲渡する等のほか、場合によっては、担当者が独立して事業を引継ぐ場合もあり得ます。

好調な事業Aと不振の事業Bのどちらを新会社または第三者に譲渡するかは、事業の内容、名声、税務、従業員、事業移転の手続きの難易度などにより検討します。

いずれの場合であっても、会社法の手続きのほか、事業に必要な許認可の引継ぎ、人的なリソースと労働問題、事業資産の法的な移転について調査・確認を行い、当該スキームが法的に実現可能かどうかを確認してから動く必要があります。

実際の対応時のポイント

実際に対応する場合は、以下の実務的なポイントを押さえつつ、事業Bの業績不振と事業Aの強みを考慮して、もっとも利益が見込めて、かつ法的に実現可能な方策をとることになります。

許認可関係

事業に許認可が必要な場合は、業法および監督官庁のガイドラインなどを再度確認する必要があります。

キーパーソン

事業にキーパーソンがいる場合には、当該人物の意向や待遇、モチベーションを考慮する必要があります。

労務

仮に、事業を譲渡したり、閉鎖したりする場合は、従業員の解雇や転籍の問題も発生しますので、労務面についても早期に確認と検討を要します。

資産関係

資産関係については、特に事業に必要な不動産、知的財産について確認します。不動産については、賃貸借契約の移行が可能か、必要に応じて売却をするかどうかなど、また知的財産については、ライセンス契約の譲渡やサブライセンスが可能かどうかも再度検討します。

まとめ

以上のような検討をしても、事業Bを継続することが難しい場合や、事業Bの引き取り先がない場合は、事業Bの閉鎖もありうるところかと思います。会社としては利益を上げることが最優先ですから、事業Bへのこだわりや思い入れは思い切って捨てて、現実的な方向を模索することになります。

この記事は、2023年12月27日に作成されました。

関連Q&A

フリー素材を使っていたら「著作権を侵害している」との警告を受けました。
「フリー素材」をネットで検索し、ヒットした画像を広報に使用していたところ、著作権を侵害している旨の警告を受けました。 「フリー素材」なので問題ないと思うのですが、どう対応すれば良いでしょうか?
「のれん分け」で弟子が独立する際、契約書を結ぶ必要はありますか?
「ラーメン屋を経営しているのですが、のれん分けで弟子が独立することになりました。信頼関係が築けているのでトラブルにはならないだろうとは思っているのですが、念のために契約書など結んでおいた方が良いのでしょうか。」
生産に必要な原材料を競合に買い占められ、生産活動ができなくなりました。
当社は流通量の少ない原材料を元に工具の製造をしている会社です。先日、大手の競合企業が、生産の妨害目的で流通している原材料を買い占めたことで、原材料の価値が非常に上がり、既存の製造活動ができなくなってしまいました。この場合、競合企業に対して責任を追及できるのでしょうか。
輸入の際に通関業者から質問がきたのですが、適当に答えてしまいました。
貨物を輸入しようとしたところ、通関業者から貨物の金額や品番について問い合わせがありました。よくわからなかったので適当に答えてしまったのですが、何か問題はありますか。
弁護士しかできない債権回収の方法はありますか?
債権回収を弁護士に依頼するか迷っています。弁護士でなければできない債権回収の方法があるのでしょうか?