TOPQ&A記事弊社商品の広告ページで、有名人の名言を引用して使いたいです。法的に何か問題があるでしょうか?
SHARE

弊社商品の広告ページで、有名人の名言を引用して使いたいです。法的に何か問題があるでしょうか?

弊社商品の広告ページで、有名人の名言を引用して使いたいです。法的に何か問題があるでしょうか?

原則として、著作権(公衆送信権)侵害となります。ただし、①その名言が「著作物」に当たらない場合、②著作物としての保護期間を経過した場合、③公開して行われた政治上の演説等の一部であった場合は、例外的に適法となります。その場合でも、著作者人格権やパブリシティ権に気をつける必要はあります。
回答者
小倉 秀夫 弁護士
東京平河法律事務所

原則

著名人の名言の多くは、思想又は感情を創作的に表現したものであり、「著作物」として著作権法上の保護を受けます。したがって、著作権者の許諾なしに広告ページに掲載した場合、原則として著作権(公衆送信権)侵害となります。ただし、以下に述べる例外に当たる場合には、誰から許諾を受けなくても、自由に広告ページに掲載できます。

例外1──「著作物」に当たらない場合

思想又は感情が「創作的に」表現されているかどうかは、その表現を選択したことにその人の個性が反映されているかどうかで決まります。したがって、有名人による「名言」であっても、表現に「創作性」がないとされることがあります。特定の有名人が、特定の状況下で語ったからこそ流行語となった場合、当該発言に用いられた表現自体は、しばしば凡庸です。例えば、競泳の岩崎恭子さんの「今まで生きてきた中で一番幸せ」等は、表現自体は凡庸なので、著作物には当たらず、誰もがこれを自由に利用することができます。

例外2──保護期間が経過した場合

誰の発言であるのかが公衆に知られている場合、その発言は、原則として、その発言者が亡くなった日の翌年の元日から数えて70年後、著作権法による保護の対象から外れます(発言者が1967年末までに亡くなっている場合、原則として、既に保護期間が満了しています。)。

例外3──政治上の演説等

公開して行われた政治上の演説または陳述等の一部であれば、原則として万人が自由利用できます。したがって、キング牧師の「私には、夢がある」等の名言は、商品の広告ページで使用しても著作権侵害にはなりません。

正当な引用にあたるか

公表された著作物は、引用の目的上正当な範囲内であれば、公正な慣行に合致するものである限り、自由に引用することができます。ただし、広告内容の裏付けとするなど、著名人の名言を広告の中に正当に引用できる場合というのは少ないと思います。

著作者人格権やパブリシティ権など

無許諾で使用しても著作権侵害とはならない場合であっても、著作者名を表示しないとか、社会的評価の低い商品の広告に使用するなどしたときには、著作者人格権侵害とされる危険があります。また、その著名人が存命の場合、その人自身がその商品を推奨しているかのように誤解させるものについては、パブリシティ権侵害となる危険があります。

 

この記事は、2023年12月7日に作成されました。

関連Q&A

自社の製品を模倣されました。
自社製品のデザインにそっくりな製品が、他社から販売されていることに気付きました。勘違いして購入してしまうお客様がいそうなので、SNSで注意喚起を行いたいですし、すぐに販売を止めて欲しいです。また取引先に対しても、これは自社製品ではないと伝えておきたいです。どうすればよいですか?初期対応や注意が必要な点についてアドバイスをお願いします。
秘密保持契約書を締結すべきでしょうか。
弊社で開発を行う新商品の製造・販売について、他社と業務提携を検討し、協議を進めているのですが、従業員から秘密保持契約を締結しておかなくて大丈夫かと相談がありました。既にある程度の情報の開示はしているのですが、今からでも秘密保持契約書の締結を検討すべきでしょうか。
SLAの意義と留意点を教えてください。
SaaS型基幹業務サービスの導入を検討しています。Service Level Agreement(SLA)とは、どのような意義がありますか。また、どのような点に留意すべきでしょうか。
悪質クレームへの対応方針を教えてください。
当社は食品の小売店を経営しています。「商品から異臭がした。代金を返してくれ。」とのクレームを受けることがあり、現物がない場合には原則として何も対応しないという方針としています。しかし、大声で怒鳴り散らしたり暴言を吐くなど悪質なクレームをする顧客もしばしばおり、毎回対応に困っています。このような顧客への対応方針を決めたいのですが、どうすればよいでしょうか?
契約書の確認や契約書雛型の作成を専門家に依頼すべきでしょうか?
数年前にIT企業を立ち上げたのですが、取引先から提示された契約書に応諾して、契約を締結している状況です。取引先を信頼しておりますし、今のところトラブルが発生しているわけではないのですが、徐々に取引金額が増えてきていますので、そろそろ、専門家に依頼して、契約書の確認を受けることや、自社の契約書雛型を作成することを検討した方がよいのでしょうか。