TOPQ&A記事固定残業代制を採用しているのに従業員から未払残業代の請求をされました。
SHARE

固定残業代制を採用しているのに従業員から未払残業代の請求をされました。

当社は月額基本給に一定時間分の残業代を含める固定残業代制を採用し、就業規則にもその旨の定めがありますが、退職した従業員から未払残業代の支払を求める内容証明郵便が届きました。当該元従業員の勤務時間の記録を調べたところ、請求対象期間の残業時間は毎月定められた時間以下でしたが、支払に応じなければならないでしょうか。
ご相談のケースでの残業代支払の要否は、①会社の把握している残業時間と元従業員の主張する残業時間が一致しているか、不一致があるとすれば原因は何か、②貴社の固定残業代制度が実際の運用を踏まえて適法と言えるか、によります。
回答者
近藤 元樹 弁護士
岡綜合法律事務所

固定残業代制度の法的な取り扱い

労働基準法37条は、時間外・休日・深夜労働の長さに応じて一定以上の割合の割増賃金を支払うことを定めていますが、割増賃金を定額で支給する、いわゆる「固定残業代」制度も法定の計算による割増賃金額を下回らなければ適法です。

固定残業代制度には、残業代計算の省力化や生活残業の削減など、業務効率化のメリットがあると言われています。一方で、労働時間の管理が疎かになり、定められた残業時間を超えても残業代を支払わないといった不適切な運用がされる例も見られます。

固定残業代制度には様々なものがありますが、主には、基本給の中に割増賃金部分を含める場合(組込型)と、基本給とは別に割増賃金に代わる手当を支給する場合(手当型)があります。ご相談のケースは前者です。

労働(残業)時間の把握

固定残業代制度がどのようなものであっても、上乗せ分に含まれる時間を超える残業が発生した場合は、超過時間について法定の計算に基づく割増賃金を支払う必要があります。

使用者には労働者の健康管理の観点からも労働時間を把握する義務があり、これは固定残業代制度を採用していても変わりません。まずは会社の把握している労働時間と元従業員の主張する労働時間に不一致が生じていないかを確認します。不一致がある場合はその原因を検討し、割増賃金の支払対象となる残業時間を確定させます。

不一致の原因としてよく見られるのは、出張など外勤日の労働時間、強制退社時刻後の持ち帰り残業、在宅勤務日の労働時間などです。

固定残業代制度の適法性

固定残業代制度の適法性についてはいくつかの最高裁判決があり、これらの判例から固定残業代が割増賃金の支払として認められるためには、次の3つの条件を満たす必要があるとされています。

①通常の労働時間の賃金に当たる部分と残業時間に対応する割増賃金部分とが判別できること(明確区分性)

両者が判別できないと、固定残業代が法定の計算に基づく割増賃金額を下回っていないかを確認することができないからです。

②上乗せ分が残業に対する対価として支払われていること(対価性)

組込型の固定残業代制度では問題になることは少ないですが、上乗せ分に残業に対する対価以外の性質を有するもの(例えば皆勤や役職に対するもの)が混在していると、結局、法定の計算による割増賃金額との比較ができなくなります。この要件は、就業規則雇用契約書の記載、使用者の説明内容などから判断されますが、法定の計算と乖離した高額な設定や実態にそぐわない長時間残業の設定をしている場合は、他の性質の混在を指摘される可能性があります。

③上乗せ分が法定の計算方法による割増賃金額を下回っていないこと

明確区分性と対価性を満たしていることを前提として、その上乗せ分が法定の計算による割増賃金額を下回っていなければ、固定残業代制度は適法です。
基本給の時間単価を最低賃金と同程度に設定している場合は、最低賃金の上昇により上乗せ分が法定の計算による割増賃金額を下回ることがありますから注意してください。

制度の適法性に疑義がある場合

未払残業代に関する紛争が裁判所に持ち込まれ、固定残業代制度の適法性が否定されると、

①基本給の上乗せ分が割増賃金の支払として認められず

②上乗せ分を含めた基本給が割増賃金の基礎額とされ

③未払額と同額を上限とする付加金の支払を命じられる

 

というトリプルパンチを受けることになります。

賃金請求権の消滅時効は当面の間は3年とされていますから、請求の日から最大3年分を遡って支払うことになります。さらに遅延損害金も発生します。

まとめ

元従業員の主張する残業時間に理由があり、固定残業代制度の適法性に疑義がある場合は、法定の計算による割増賃金額を上限とする一定額を支払う方向で交渉した方がよいでしょう。

未払残業代の請求は、ご相談のケースのように退職者からなされることが多いですが、未払いの発生が固定残業代制度の欠陥に起因する場合は、同じ制度の適用を受けている在職者にも影響するため、併せて制度の改正を検討する必要があります。

このように従業員から残業代の請求を受けてから使用者ができることは限られています。固定残業代制度を採用している、あるいは採用を検討している企業は、専門家に相談することをお勧めします。

そして、制度導入後も労働時間管理をしっかりと行い、制度の運用が就業規則の規定と乖離しないように留意してください。

この記事は、2024年2月7日に作成されました。

関連Q&A

音信不通の従業員を退職扱いにする際の手続きを教えてください。
当社の従業員一名と連絡がつかなくなりました。特にメンタルヘルスの不調などもなかったはずです。 退職扱いとしたいのですが、どのような流れで進めればよいでしょうか?
就業中に自然災害が発生した場合の従業員対応で気を付けるべきことは何ですか?
最近の日本では自然災害が多発しています。自社としても終業時間中に大規模な自然災害によって被害を受けることがあるかもしれません。自然災害によって自社が被害を受けた際に備えて、企業としてどのようなことに気を付けて対策をしておくべきでしょうか?
セクハラ被害者が加害者と一緒に働けないと言っている場合の対応を教えて下さい。
社内でセクハラ被害が発生し、被害者が加害者への強い恐怖と不安を訴え、加害者と同じ職場で働けないと言っています。加害者には重要な仕事を担当させており、業務への影響はできる限り抑えたいと思っていますが、会社としてどのように対応すべきでしょうか。
DXが進んだ部署の余剰人員を異動させたいです。
業務DXを進めた結果、弊社のある部署の人手が余ってしまいました。余剰人員となった従業員を別部署に異動させたいのですが、トラブルにならないように慎重に進めたいと思っています。どのような点に気を付けて進めるべきでしょうか?
虚偽の内部通報をした従業員を懲戒処分すべきでしょうか?
従業員から「同僚から性的な嫌がらせを受けた」との内部通報がありましたが、事実関係を調査したところ、そのような性的な嫌がらせがあったという事実は確認できませんでした。 このような虚偽の通報をした従業員について、何らかの対応をしたいのですが、懲戒処分をすべきでしょうか。