TOPQ&A記事アルバイトが恒常的に廃棄食品を黙って持ち帰っていたことが発覚しました。
SHARE

アルバイトが恒常的に廃棄食品を黙って持ち帰っていたことが発覚しました。

当社は飲食業を経営しています。食中毒の心配があるため、廃棄食品の持ち帰りは禁止としているのですが、先日、アルバイト社員が恒常的に廃棄食品等を持ち帰っていたことが発覚しました。アルバイトに対してどのような処分が可能でしょうか。また、再発防止のために、社内でどのような対策をすべきでしょうか。
持ち帰りが懲戒事由に該当する場合は、懲戒処分ができますが、あまり重すぎないように注意する必要があり、社内開示には注意を要します。
回答者
浜辺 陽一郎 弁護士
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック

持ち帰りに対する懲戒処分

廃棄食品でも、無断での持ち帰りは、窃盗罪にも該当します。事実関係が十分に確認でき、立証できるのであれば、職場で明示的に禁止していた以上、就業規則に定められた事由に基づいて懲戒処分をすることができるでしょう。

ただし、そのアルバイトとの関係がどのようなものであったかにもよりますが、会社が事前の注意をどの程度していたかも踏まえて対応しましょう。懲戒処分の前例がなかった場合は、懲戒処分が重すぎないように注意し、場合によっては、注意・指導等にとどめるとか、軽めの処分にすることも考えられます。

懲戒処分が争われた裁判例

食中毒が起きると会社の信用を害する恐れがあるといっても、それが顕在化していない段階では、何らかの不便、不経済を生じたわけでもなく、その被害があるにしても、その程度は明らかでありません。環境面の問題から食品の廃棄は望ましくはなく、そのアルバイトも食品を無駄にしたくないという思いがあったのかもしれません。そこで、持ち帰りの回数、期間、食品の内容(食中毒リスクの高い食品か)等も踏まえて、その情状を適切に評価する必要があります。重すぎる懲戒処分をすると、社会通念上相当なものと認められず、懲戒権の濫用として、懲戒処分が無効とされるリスクもあります。

例えば、スーパーマーケットで勤務していた従業員が、精肉商品を会計せずに持ち帰ったことを理由にした懲戒解雇が無効であるとされた裁判例(横浜地判令和11010日、ロピア事件)や、市の職員がリサイクル衣料を持ち帰っていたことを理由とした停職1月の懲戒処分を無効とした裁判例(大阪地判平成30514日、大阪市事件)等があります。

再発防止に向けた取り組み

再発防止のために、懲戒処分を社内で開示したいという場合でも、その記載方法には十分に配慮する必要があります。上記のロピア事件では、会社が元従業員の実名を挙げて「窃盗事案が起きました」「計画性が高く、情状酌量の余地も認められない」等という開示が名誉毀損の不法行為に該当する等として、元従業員への損害賠償が命じられました(上記ロピア事件。なお、控訴後和解)。したがって、社内開示は、匿名にする等の配慮をすべきでしょう。

まとめ

懲戒処分もできますが、注意等にとどめる方策もありえます。また、社内開示は匿名にする等の配慮を要します。再発防止のためには、口頭注意による注意喚起のほか、禁止事項を確認する誓約書をあらためて取ることなどが考えられます。

関連Q&A

固定残業代制を採用しているのに従業員から未払残業代の請求をされました。
当社は月額基本給に一定時間分の残業代を含める固定残業代制を採用し、就業規則にもその旨の定めがありますが、退職した従業員から未払残業代の支払を求める内容証明郵便が届きました。当該元従業員の勤務時間の記録を調べたところ、請求対象期間の残業時間は毎月定められた時間以下でしたが、支払に応じなければならないでしょうか。
取締役であれば無制限に残業させられますか?
メンバーレベルでの業務で長時間残業をしている社員について、可能であれば彼らの役職を「管理職」として無制限に残業させたいのですが、問題ないでしょうか。
持ち帰り残業は労働時間に含まれますか?
従業員の一人が「就業時間内で仕事が終わらず、自宅に持ち帰って仕事をしているので、その時間分も残業代を支払ってほしい。」と社長の私に要求してきました。持ち帰り残業の話は初耳ですし、仕事量も勤務中に終わる分量だと考えています。 従業員の要求を拒否することはできるのでしょうか。
退職する従業員から有給休暇の買い取りを求められているのですが応じなければいけないでしょうか?
弊社から従業員に対して退職勧奨をしたところ、有給休暇の残日数の買い取りを求められました。弊社では、有給の買い取りを行うとの規定は定めていません。このような有給の買い取りには応じなければならないのでしょうか。
パワハラにならない部下指導の仕方を知りたいです。
最近、パワハラだと言われることを恐れて部下を適切に指導できない管理職が増えてきたと感じています。 パワハラと指導を線引きするのが難しいのですが、指導する側はどのような基準を持つべきなのでしょうか。