TOPQ&A記事問題社員に退職勧奨したいのですが、どう進めたら良いでしょうか?
SHARE

問題社員に退職勧奨したいのですが、どう進めたら良いでしょうか?

弊社には問題行動や問題発言の多い従業員がおり、毎回口頭で注意しているのですが、なかなか改善がみられません。可能なら解雇したいところですが、トラブルになっても困るので、まずは退職勧奨を試みようと考えています。どのように進めるべきでしょうか。
事前準備として、当該従業員の問題行動・問題発言およびそれらに対し会社がいかなる対処をしていたかを、正確に抽出しましょう。加えて当該従業員の性格等を把握するなど、事前に得られる情報を整理し、当該従業員に対する退職勧奨をどのように進めるかについて、会社内において十分なシミュレーションをすることが大切です。
回答者
毛塚 衛 弁護士
横浜馬車道法律事務所

退職勧奨とは

退職勧奨」という言葉について、会社に属している人からすればなんとなくのイメージができる言葉だと思います。
しかしながら、「退職勧奨」という言葉については、労働基準法をはじめとする労働法規に定義規定が存在するものではありません。

一般的には、会社が一方的に従業員を「クビ」にする解雇と対比し、従業員に対して退職を求めるために説得し、従業員の同意を得るために退職を促す行為を意味します。

会社は、雇用する全ての従業員との関係で職場の秩序を保つ義務があります。したがって、問題社員が職場秩序を乱している場合には、これを放置することはできず、適切な対処をすることが求められます。

その対処の最終形態が「問題社員に会社を辞めてもらうこと」です。会社を辞めてもらう方法として、先に述べた「解雇」と会社と従業員の合意による「合意退職」があります。この「合意退職」を目指す過程で行うのが退職勧奨です。

問題社員の立場に立って考える

社員に問題があるのだから、問題社員のことなんて考える必要はないだろうと考える経営者の方もいますが、これは明確に誤りです。

退職勧奨のゴールは、「問題社員が自ら退職届を提出すること」です。目的との関係で、ときには問題社員に対して優しい言葉をかけることが必要な場面があるかもしれません。その過程は従業員の数だけあると思ってもらってよいでしょう。
経営者は直属の上司等と相談するなどし、当該社員の性格等を十分に把握したうえで、どのようにすれば「問題社員が自ら退職届を出すか」を考えなければなりません。意外かもしれませんが、退職勧奨の成功の秘訣は「問題社員目線」です

退職勧奨の面談時のポイント

退職勧奨の目的は、「従業員に会社を退職してもらうこと」です。特に問題社員の場合には、その人がいなくなるだけで会社の生産性があがるということも多々あります。

面談時の注意点の1つ目は「場」の設定です。面談の際には必ず会社側は複数人で対応し、個別に従業員を呼び出すようにしましょう。2つ目は「録音」の意識です。インターネットが発達している時代ですから、従業員も対策を練ってきます。すなわち、「録音」はとられているものと思って発言を選ぶ必要があります。ここでの不適切な発言が事後的に露見すると、合意退職は無効であるといった紛争に巻き込まれることになります。

まとめ

解雇が難しい、トラブルのもとになりかねないという認識は、ここ数年で広まりました。現在の日本の労働法規からするとその認識は正しいです。一方で、解雇でない退職勧奨なら大丈夫ということで、雑な退職勧奨を行う企業がみられます。しかしながら、上述のように退職勧奨なら何でも大丈夫というわけではありません。

実際に退職勧奨を行う場合には、社内で十分に協議をするとともに、必要に応じて専門家のアドバイスをもらうことも検討しましょう。

この記事は、2024年2月15日に作成されました。

関連Q&A

音信不通の従業員を退職扱いにする際の手続きを教えてください。
当社の従業員一名と連絡がつかなくなりました。特にメンタルヘルスの不調などもなかったはずです。 退職扱いとしたいのですが、どのような流れで進めればよいでしょうか?
経営不振で従業員の給料を減額したいのですが、どう対応すれば良いですか?
経営不振で従業員の給料を減額したいと考えています。どのような対応をすればいいのでしょうか。
メンタルヘルス不調の報告を受けた場合、どう対応したら良いですか?
メンタルヘルスに不調を来している従業員がいるとの報告を受けました。本人はまだ何も言ってきていないのですが、これからどのように対応すればよいでしょうか?
居眠りを繰り返す従業員にどう対応したらよいでしょうか?
何度注意を行っても居眠りなどにより業務に従事していない従業員を辞めさせたいのですが、どのように対応するのがよいでしょうか?
パワハラを行った従業員の処分を決めたいのですがどうしたらよいですか?
弊社の部長Aが部下Bに対して、暴言や物を投げるなどの言動を行っていたとのことで、部下Bが休職してしまいました。部長Aは自分だけではなくて会社にも責任があると主張しています。周囲の社員の話を聞く限り部長Aの行為はパワーハラスメントに該当すると考えているのですが、部長Aへの処分を含め、今後どのような対応をとるべきでしょうか?