TOPQ&A記事未収金がある取引先が破産した際の対応と、事前の対応策を教えてください。
SHARE

未収金がある取引先が破産した際の対応と、事前の対応策を教えてください。

取引先が破産しました。未収の売掛金があるのですが、どう対応したらよいですか?また、取引先の破産に備えた事前の対応策はありますか?
未収金のある取引先が破産した場合、破産手続に参加して配当を受けるという形で権利行使(債権回収)をしなければなりません。破産手続により配当を受けられたとしても、せいぜい債権額の数パーセント程度に過ぎないことがほとんどで、潤沢な資金のない債権者にしてみれば、大口取引先等の破産は経営上のリスクとなります。そのため、事前に担保を提供してもらう、損害保険に加入しておく、取引先を多くしておくといったリスク対策が重要となってきます。
回答者
田沢 剛 弁護士
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

破産の法的意味

まず、破産するということの法的意味を理解しておく必要あります。簡単にいえば、多額の債務を負っている者が、その債務の全額を直ちに支払える見通しが立たないため(破産原因)、裁判所の清算手続に乗せることを意味します。

裁判所は、清算手続を進めるために破産管財人を選任します。その破産管財人において、残った財産をお金に換え(換価)、集められたお金を破産手続に参加してきた各債権者に対し債権額に応じて配当することが予定されています。

破産手続への参加は、裁判所に対し所定の要領で債権届出をすることによって行います。配当原資になるような財産もない場合は、破産管財人が選任されたとしても、配当手続を経ないまま手続が終了してしまいます。

破産者に対する未収金の回収方法

破産法100条1項は、「破産債権は、この法律に特別の定めがある場合を除き、破産手続によらなければ、行使することができない。」と定めています。そのため、未収金のある取引先が破産した場合、その債権者としては、破産手続に参加するという形で権利行使(債権回収)をしなければなりません。逆に言えば、破産手続に参加することなく未収金を回収することはできないということになります。

通常は、支払ができなくなった債務者が弁護士に破産を依頼すると、その弁護士から各債権者に対し、破産を受任したことや手続に入るため権利行使を控えるよう求める内容の通知書が送られてきます。そして、裁判所の手続に乗せられて破産管財人が選任され、その管理下で財産の換価がなされ、各債権者に対し債権額に応じて平等に配当が行われることになります。

これを無視して抜け駆け的に権利行使することは許されません。抜け駆け的に権利行使をしてしまった場合は、各債権者間の公平を図るために破産管財人から回収金を取り戻されてしまう憂き目に遭い、改めて破産手続に参加しなければ、配当さえも受けることができなくなります。ここでいう抜け駆け的な権利行使は、何も破産管財人が選任された後に限った話ではありません。破産に入る前に取引先の支払いが滞るようになったなど、破産しかねない兆候があることを察知して抜け駆け的に権利行使をした場合も同じです。

いずれにしましても、取引先が破産した場合は、破産手続に参加して配当を受けるしかなく、文句を言ったところでどうすることもできません。

リスク対策

取引先が大口であったり得意先であったりした場合、その未収金を回収できなくなると、自社も連鎖的に倒産してしまうリスクがあります。そこで、ビジネスにおいては、取引先から事前に担保を提供してもらうとか、損害保険を掛けておくといった方法で貸倒れをカバーし、あるいは、取引先を多くしてリスクそのものを分散させることも重要になってくるでしょう。

この記事は、2024年2月5日に作成されました。

関連Q&A

特許侵害訴訟の訴状を受けたら、どう裁判に対応すべきでしょうか。
弊社は精密機械メーカーですが、新製品を開発し販売を開始したところ、他社から「当社の特許権を侵害している」とのことで警告書が届き、交渉したのですが、裁判所から訴状が届きました。弊社としてどのように裁判に対応すればよいでしょうか。
悪質クレームへの対応方針を教えてください。
当社は食品の小売店を経営しています。「商品から異臭がした。代金を返してくれ。」とのクレームを受けることがあり、現物がない場合には原則として何も対応しないという方針としています。しかし、大声で怒鳴り散らしたり暴言を吐くなど悪質なクレームをする顧客もしばしばおり、毎回対応に困っています。このような顧客への対応方針を決めたいのですが、どうすればよいでしょうか?
キャラクターライセンス契約を締結する際の注意点を教えてください。
有名なキャラクターを製品パッケージに使用するにあたり、著作権者とキャラクターライセンス契約を締結することになったのですが、どのような点に注意すべきでしょうか?
契約書の確認や契約書雛型の作成を専門家に依頼すべきでしょうか?
数年前にIT企業を立ち上げたのですが、取引先から提示された契約書に応諾して、契約を締結している状況です。取引先を信頼しておりますし、今のところトラブルが発生しているわけではないのですが、徐々に取引金額が増えてきていますので、そろそろ、専門家に依頼して、契約書の確認を受けることや、自社の契約書雛型を作成することを検討した方がよいのでしょうか。
個人情報が漏洩した可能性がある場合、まずは何をしたらよいのでしょうか?
先日退職した従業員の、当社の顧客情報へのアクセス権限をはく奪するのを失念していました。 顧客情報が流出した可能性があるのですが、どのように対応すればよいでしょうか?